楽天モバイルアンリミット 比較 ワイモバイル

ガチ比較!楽天モバイルアンリミットとワイモバイルってどっちがエエの?

こんにちは、サイト管理人のフルヤです。

当サイトは、私が実際にWiMAXと楽天モバイルアンリミットを利用して経験した「便利さ」「快適さ」「困ったこと」「これダメだろぅ」など、包み隠さず発信していきます。 WiMAXと楽天モバイルアンリミットを検討中の人は参考にしてみてください。

何かと話題の「楽天モバイルアンリミット」と、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」

楽天モバイルは「300万名1年間無料で通話かけ放題+データ使い放題」の派手なキャンペーンやってますし、ワイモバイルも多額の費用をかけてテレビCMをバンバン流してるので、どっちも良さげに感じて「どっちを選べば良いの?」と悩んでる人も多いと思います。

と言うことで、今回はスマホ乗換えで楽天モバイルとワイモバイルで悩んでるあなたのために、私の独断と偏見のおすすめ度や、失敗しない選び方を解説したいと思います。参考になればと思います。

結論!【おすすめ度】楽天モバイル★★★★ ワイモバイル★★★★

結論から言いますと、

【おすすめ度】★5つ満点
■楽天モバイル:★★★★
■ワイモバイル:★★★★

あくまでも私の意見ですが、料金面や通信関連など総合的に考えて、いまスマホの乗換えを楽天モバイルとワイモバイルで悩んでいるなら「どっちでもOK」という”いい加減”な結果になりました(笑)

お叱りを受けそうですが、私は楽天モバイルアンリミットを実際に使っていて、娘がワイモバイルを使ってるのですが、どちらも使い勝手は悪くなく、よほどマニアックな使い方をしない限り十分普通に使えてるからです。

ただし、使い勝手とは別に「向き・不向き」はあります。

そのあたりを次章で説明をしますので、選ぶ際の基準にしてもらえればと思います。

【タイプ別】楽天モバイル・ワイモバイルに向いてる人

ここでは、スマホの使い方・タイプ別で「楽天モバイルアンリミット」と「ワイモバイル」に向いてる人を解説します。

タイプ別選び方

【楽天モバイルアンリミットに向いてる人】
★楽天エリア内に住んでる人
※データ使い放題+通話かけ放題は魅力!
★月額料金を抑えたい人
※月2980円でかけ放題+データ使い放題は格安
★通話が多い人・通話時間が長い人
※かけ放題なので仕事やプライベートの電話も安心
★データ消費が多い人
★新しいもの好きな人

楽天モバイルを今すぐチェック

➤楽天モバイルアンリミットのレビューはコチラ

【ワイモバイルに向いてる人】
★スマホ初心者や操作が苦手な人
※実店舗が多いので近所のショップで対応してもらえる
★通信速度にこだわる人
※さまざまな速度テストで常にトップクラス
★データ消費が4GB以下の人
※3GB以下なら楽天モバイルより割安
★通話時間が短い人
※1回10分以内の通話が最初から付いてる
★iPhoneを使いたい人

➤ワイモバイルを今すぐチェック↓↓↓

あくまでも私の意見ですが、こんな感じに区別をしてみました。

次章からは、全体の比較、そして各項目で比較をしていきます。あなたのスマホの使い方に合った方を選択していきましょう!!

月額料金・通話料・データ容量など全体比較

楽天モバイル ワイモバイル
プラン名 スマホベーシック
プランS
スマホベーシック
プランM
スマホベーシック
プランR
月額料金 2980円 2680円
(最初の6ヶ月)1980円
3680円
(最初の6ヶ月)2980円
4680円
(最初の6ヶ月)3980円
通話料金 月額料金に含む
Rakuten Link使用時
かけ放題
1回10分間の無料通話付
※かけ放題オプション1000円/月
回線(電波) 楽天回線+au回線 ソフトバンク回線+ワイモバイル回線
データ通信量 ●楽天回線:無制限
●au回線:5GB/月
3GB
※増量オプションで4GBまでOK
9GB
※増量オプションで12GBまでOK
14GB
※増量オプションで17GBまでOK
データ超過後の速度 1Mbps 128Kbps 1Mbps
通信エリア ●楽天回線:主要都市部
●au回線:人口カバー率99%以上
ソフトバンク回線:人口カバー率99%以上
通信速度 楽天回線:★★★★
au回線:★★★★
★★★★★
契約縛り+解除料 縛りなし+無料 縛りなし+無料
オプション ★★★ ★★★★★
端末種類 スマホ:★★★
iPhone:使えない
スマホ:★★★
iPhone:6S・7などが使える

※ワイモバイル「スマホベーシックプランM」は2020年7月1日よりデータ容量が「9GB→10GB」、増量オプションが「12GB→13GB」に変更されます。

データ消費が多い人は楽天!3GB以下ならワイモバイル!

毎月のデータ消費量が3GBを超えそうなユーザーであれば条件付きですが、データ使い放題の楽天モバイルがおすすめです。

ワイモバイルもプランMとプランRで、それぞれ9GBと14GBまで使えますが月額料金が楽天モバイルより割高になってしまいます。逆に月に3GBも使わない人はワイモバイルの方が若干安くなるのでワイモバイルを選べば問題ないでしょう。

さて、気になるのは楽天モバイルの条件ですが下記の通りです。

データ使い放題の条件とは

★楽天モバイルのデータ使い放題は楽天回線のみ

★パートナー回線のau回線は月間5GBまで
※5GB超過後は通信速度が1Mbpsになる

つまり、完全なデータ使い放題で使うには、あなたが楽天エリア内に住んでいる、もしくはスマホを使う場所がほとんどエリア内であることが条件になります。

ですので、楽天エリア外の人、多少割高になってもエリアの心配をしたくない人はワイモバイルを選ぶのが無難と言えます。

★ワイモバイル公式サイトでチェック↓↓↓

楽天モバイル公式サイトでチェック

➤楽天モバイルアンリミットのレビューはコチラ

通話が多い人は断然楽天アンリミット!

通話については、共に充実したサービスを提供してますが、敢えて言うなら月額基本料金2980円に通話料金も含まれている完全かけ放題の楽天モバイルがおすすめだと思います。

ただし、注意点が1つあります。

かけ放題の注意点

★楽天モバイルの通話かけ放題は通話アプリ「Rakuten Link」を使う必要がある
※実際に「Rakuten Link」を使ったレビューをまとめてますので参考にしてください。

➤通話アプリ「Rakuten Link」の詳細はコチラ

ですので、通話アプリなんか使いたくないという人や、通話は10分以内で済むという人はワイモバイルを選べば良いと思います。

★ワイモバイル公式サイトでチェック↓↓↓

楽天モバイル公式サイトでチェック

➤楽天モバイルアンリミットのレビューはコチラ

通信回線とエリアはワイモバイルが有利!

通信回線と通信エリアについては、圧倒的にワイモバイルが優位に立ちます!

ワイモバイルの回線はソフトバンク回線をメインに独自のワイモバイル回線も使えるので、全国のほとんどの地域で快適な繋がりを体感できます。

対して、楽天モバイルアンリミットは新しいサービスで回線基地局の整備が整っていません。いま現在で東京23区や大阪など主要都市部と限定的な状況です。また、パートナー回線のau回線はご存じの通り「人口カバー率99%以上」ですが、なぜか電波の入り(掴み)が悪い時があるので安定的とは言えないのが正直な現状です。

でも、勘違いしないでください!

決して全く電波が繋がらないとかではないですよ(笑)ちょっと不安定やなってのが時々ある程度ですから、普通に使えると思ってください(笑)

➤楽天モバイルアンリミット完全レビューはコチラ

ちなみに、楽天アンリミットの回線エリア拡大予定は2021年3月までに「人口カバー率70%以上」を目指してるそうです。楽天ユーザーとしては早くドコモなどと同じになって欲しいと願います。

★ワイモバイル公式サイトでチェック↓↓↓

楽天モバイル公式サイトでチェック

通信速度と速度制限は互角!楽天モバイルの実速度公開!

通信速度については互角と言えます。

ワイモバイルは各団体が実施する速度テストで常にトップクラスを維持してますので安心して使えます。ちなみに当サイトでも推してるUQモバイルと常にトップ争いをしてますね(笑)

上記図はUQモバイルの公式サイトから引用したものですが、トップがUQモバイル「46.2Mbps」で、次にワイモバイルの「41.8Mbps」となってます。他社に比べてダントツです。

さて、対する楽天モバイルアンリミットの通信速度ですが、これは実際に使ってる私が測定をしてますので紹介しておきます。

画像の上部赤枠は「楽天モバイルアンリミット」の回線であることを示してます。

画像中央の赤枠内が測定結果になります。

下り20.6Mbps/上り19.8Mbps

ワイモバイルやUQモバイルに比べると、やや劣るような感じですが日常使いではストレスなく使える範囲の速度ですし、場所や時間によっては下り50Mbpsを叩き出すケースもあるので問題はないと感じています。

★ワイモバイル公式サイトでチェック↓↓↓

楽天モバイル公式サイトでチェック

➤楽天モバイルアンリミットのレビューはコチラ

最低利用期間と解約金の比較!

これまで、スマホを使うのに2年間などの最低利用期間があり、好きな時に新しいサービスに乗り換えることが出来ないでいました。「契約の縛り」といわれるものですね。

さらに、縛られてる期間内に解約をすると約1万円の解約金を取られるという訳の分からんルールが存在していました(苦笑)

この点については、総務省からの指摘でキャリアを含むスマホ事業者の間で「最低利用期間の撤廃」が進み、楽天モバイルもワイモバイルも今は縛りがなくなっています。また、解約金も無料になってるので安心して解約ができる環境です。

ですので、あなたが楽天モバイルやワイモバイルに乗り換えて、もし気に入らなければスグに解約しても大丈夫ということです。ただし、端末代を分割にしてる場合は、端末代の支払いは続けてくださいね(笑)

オプションの多さはワイモバイルだが落とし穴に注意

オプションの豊富さで言うとワイモバイルの方が良いですね。時期によって違いはありますが、「家族割」や「学割(今は未実施)」など、さまざまなオプションキャンペーンを実施するので使い方によってはお得感が倍増します。また、ワイモバイルはYahoo!関連サービスとの連携がされてるのでこちらもユーザーにとってはメリットがあります。

対して、楽天モバイルも「1年間無料」などのキャンペーンを実施してますし、各種楽天サービスで使える楽天ポイントの還元も実施してるので楽天ユーザーには大きなメリットがあります。

さて、キャンペーンやオプションが充実してるワイモバイルですが、気を付けないといけない点があります。知らないと契約後に痛い目に合いますので必ずチェックが必要です。

ワイモバイルの注意点

★「データ増量無料キャンペーン」
例えば「スマホベーシックプランM」の場合、基本データ容量は9GBですがキャンペーンを利用すると12GBまで使うことができます。しかし、無料でプラス3GBになるのは1年間のみ。1年経過後はオプション料が月500円必要になります。

基本料金が1年間無料だとか、◯◯円割引などは、お得感ありますし納得もできるのですが、あたかもデータ増量してます・・・でも1年後には通常のオプション料かかりますよってのはどうなの?って思います。

また、その説明も読みにくいように小さな文字で書いてあるし(苦笑)、公式サイトなどで「おっ!これお得じゃん」って思うキャンペーンやオプションには落とし穴があるかも知れないと心得ておきましょう(笑)

使える端末比較!iPhone対応ならワイモバイル!

それぞれ公式サイトで販売してる端末数は変わりませんので、あなたの好みで選べば問題ありません。

ただ、楽天回線に対応している端末がまだ少ないのでSIMフリースマホを買って使う場合にはワイモバイルの方が良いかもしれないですし、いま使ってるスマホをそのまま使いたいという場合でも同じことが言えるので選択の基準にしてください。

さらに、一番大きな差は「iPhone」が使えるか使えないかです。

ワイモバイルは「iPhone6S」と「iPhone7」が公式販売されていますが、楽天モバイルは今のところ公式にはiPhoneには対応していません。なので、どうしてもiPhoneを使いたい人は必然的にワイモバイル一択になります。

まとめ

今回は楽天モバイルアンリミットとワイモバイルの比較をしてみました。少しは参考になりましたでしょうか。

楽天モバイルを使ってる私ですが、新しいサービスゆえに課題があったりハプニングもあるので100%楽天モバイルを推すことが出来ないのが正直な気持ちです。

ただ、当サイトで何度も書いてますが普通に通話もインターネットもできていますので必要以上の心配は要らないと思います。今後の進化に期待をしてあげてください(笑)

では最後にまとめをしておきます。

まとめ

★楽天モバイルとワイモバイルどっちが良いの?
➤どちらも良いサービスです!使い方によって決めましょう!

★データ使い放題が良いなら楽天モバイル

★月に3GB以内の人ならワイモバイル

★通話が多くて通話時間が長い人は楽天モバイル

★サポートが必要ならワイモバイル

★楽天回線エリア内なら楽天モバイル

★iPhoneを使いたいならワイモバイル

★新しいもの好きなら楽天モバイル

★ワイモバイル公式サイトでチェック↓↓↓

➤楽天モバイルアンリミットのレビューはコチラ

楽天モバイル公式サイトでチェック

WiMAXランキング

WiMAXはUQコミュニケーションズが本家本元の通信サービスですが、そのサービスを販売するプロバイダが数多くあります。WiMAXを拡散することを企んでいる私としましては、数あるプロバイダの中からユーザーのみなさんが迷わず安心して利用できるWiMAXサービスをランキング形式にしてお伝えしたいと考えております。

つきましては、当サイトのランキングは単純に料金の安さだけでなく、サポート面や運営会社の評判、その他ユーザーにとって安心して利用できることなどを考慮したうえで総合的な観点で上位3プロバイダランキングを作成しています。

WiMAXを初めて利用するユーザーさんも、他のモバイルWifiやインターネットサービスから乗り換えるユーザーさんも、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

カシモWiMAX

カシモWiMAXは当サイトのイチオシWiMAXサービスです。派手な高額キャッシュバックなどはないながらも業界最安級の月額料金はユーザーにとって安心して利用できます。

★月額料金(月平均)3572円

SmafiWiM

SmafiWiMは、当サイトおすすめのカシモWiMAX同様、シンプルな料金設定でユーザーに分かりやすく安心して利用できるWiMAXサービスです。ただ、運営会社が派手なキャンペーンが得意なGMOなのが若干のマイナス点になっています。

★月額料金(月平均)3590円

So-netWiMAX

So-netWiMAXは、他社に比べ料金的にはけっして安い訳ではありません。しかし、インターネットサービス業界の老舗プロバイダとして信頼度は高く、サポート面においてもWiMAX初心者が安心して利用できることからのランクインです。

★月額料金(月平均)4046円

-楽天モバイルアンリミット, 比較, ワイモバイル

Copyright© WiMAXと楽天モバイルアンリミットのレビューサイト , 2020 All Rights Reserved.